アメリカにて。 - ドメスティック日本人一家の滞米日記

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

12

13:54
Thu
2011

No.056

トラブル発生!

出発予定日まで10日を切った今日になって、
使う予定だった航空会社(台湾のChina Air Line)を
会社に却下されてしまいました。
なんでも会社の安全保障規定に達していない(事故にあった場合などの補償が無い)そうで…

それ以外に関空からの直行便はなく、成田出発になってしまいました。
荷物の送り先、出発までの滞在場所…何もかも変更です。
出発日も変わるかも。頭がパンクしそうです。

明日引越し業者さんが来るのに、荷造りを放棄してブログなど書いている始末。
現実逃避もいいところ。

» Read more!

スポンサーサイト
05

12

00:04
Thu
2011

No.055

海外転出届け、婚姻証明書類

今回はお役所関係について。いささか苦手な分野です。


海外に1年以上居住する場合、海外転出届を居住地の市町村に提出します。
出発予定日の2週間前から可能です。

メリットは
・住民税を払う必要がない
・国民年金の強制加入義務がなくなる。任意加入が可能。
 (海外在住期間は受給資格期間として合算してもらえますが、
  当然、受け取る年金額は下がります。)

デメリットは
・国民健康保険から外れる(一時帰国したときに病院にかかると全額負担)
・こども手当て、児童手当がなくなる


我が家は両方の実家から離れた賃貸住宅に住んでいました。
こういう場合、2週間くらい実家に住民票を移し、免許証等の住所変更をしておくと
帰国したとき便利なようです。
海外転出届は実家のある自治体に出すことになります。
でも、我が家はやりませんでした。
夫と出国日に3ヶ月の時間差があったのでできなかった、
子供の医療費助成やこども手当ての手続きをやり直すのが面倒、というのが理由です。
それに無収入の母子世帯ってなんか外聞悪いし~、という日本人的な理由もあり。


お次はアメリカ側。
夫から、私のSSN(Social Security Number、納税者番号みたいなもの?
アメリカで社会生活を送るには必要不可欠らしい)を取るために、婚姻証明書を
取って来い、と言われました。
しかし、調べてもそんな書類はありません。

どうやら戸籍謄本とその英訳で代わりになるようです。
こちらのサイトを参照させていただきました)
で、私はすっかりそれを忘れていたので、関東にいる最終日、月曜の
朝一で市役所に行かなくてはなりません。
不動産屋さんに立会いの時間を変更して貰わなければ。とほほ。

05

07

17:41
Sat
2011

No.054

引越し準備

現在、引越し準備真っ最中です。

■持って行くもの
 航空機
  □預かり荷物
  □持ち込み荷物
 航空便(約1週間)
 船便(50日前後)

■置いておくもの
 私実家に
  □妹にあげるもの
  □母にあげるもの
  □保管しておくもの
 夫実家に
  □保管しておくもの
  □義妹にあげるもの
  □義弟にあげるもの

■捨てるもの
  □可燃、不燃、資源…etc

などなど、荷物を細かく分けなければなりません。
部屋が狭いので、分類したものを置いておく場所にもひと苦労。
その他にも掃除、各種手続き…やることは山積みです。

5/3から片付けはじめて、もう何袋ゴミを出したことか…
今日は夫の両親が来てくれて、夫の実家行きの荷物を運び出してくれました。
それでやっと段ボールを置く場所が確保できたような塩梅です。


日本を去るとなると、あれも欲しい、これも買っておかなければと
買い物も大変です。
肌着(特に子供の)、化粧品、和食器、和食の調理道具(すりばちやおろし金、巻き簾etc)
市販薬、書籍、文具などなどを、買いあさりました。
米国にいる夫からリクエストがあったものは以下のようなものでした。
洗濯洗剤や柔軟剤(あちらのものは香りがキツいので使いたくないそう
       また、襟汚れに付けるプレケア的なものが売ってない)
髭剃りの替え刃(ショーケースに入って売っているので、店員を呼ばないと買えないらしい。
        店員に話しかけるのが嫌(おいおい)、また高価いらしい)
ボディーソープ(これも香りがキツい)
トイレ用のファブリック(売ってないらしい、ほんとかなぁ)
スリッパ(家の中も靴なので、売ってないらしい。ルームシューズとかありそうな物だけど…)

夫は、香水が大嫌いな極端な匂い嫌いなので、ダウニーのように香りの強いものでも
OKな人はあちらのものでも平気だと思います。

いよいよ出発が、あと2週間に迫ってきました。
奇しくも6年前に結婚式を挙げた同じ日に、新しい旅立ちです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。