アメリカにて。 - ドメスティック日本人一家の滞米日記

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

12

00:04
Thu
2011

No.055

海外転出届け、婚姻証明書類

今回はお役所関係について。いささか苦手な分野です。


海外に1年以上居住する場合、海外転出届を居住地の市町村に提出します。
出発予定日の2週間前から可能です。

メリットは
・住民税を払う必要がない
・国民年金の強制加入義務がなくなる。任意加入が可能。
 (海外在住期間は受給資格期間として合算してもらえますが、
  当然、受け取る年金額は下がります。)

デメリットは
・国民健康保険から外れる(一時帰国したときに病院にかかると全額負担)
・こども手当て、児童手当がなくなる


我が家は両方の実家から離れた賃貸住宅に住んでいました。
こういう場合、2週間くらい実家に住民票を移し、免許証等の住所変更をしておくと
帰国したとき便利なようです。
海外転出届は実家のある自治体に出すことになります。
でも、我が家はやりませんでした。
夫と出国日に3ヶ月の時間差があったのでできなかった、
子供の医療費助成やこども手当ての手続きをやり直すのが面倒、というのが理由です。
それに無収入の母子世帯ってなんか外聞悪いし~、という日本人的な理由もあり。


お次はアメリカ側。
夫から、私のSSN(Social Security Number、納税者番号みたいなもの?
アメリカで社会生活を送るには必要不可欠らしい)を取るために、婚姻証明書を
取って来い、と言われました。
しかし、調べてもそんな書類はありません。

どうやら戸籍謄本とその英訳で代わりになるようです。
こちらのサイトを参照させていただきました)
で、私はすっかりそれを忘れていたので、関東にいる最終日、月曜の
朝一で市役所に行かなくてはなりません。
不動産屋さんに立会いの時間を変更して貰わなければ。とほほ。

スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。