アメリカにて。 - ドメスティック日本人一家の滞米日記

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

29

03:45
Tue
2015

No.069

日々の徒然

渡米してあっという間に5年が過ぎようとしています。
帰国が近くなりようやくブログの存在を思い出し
5年前の日記を読むように自分が書いたブログを読み返しました。

随分と何もかもが変節してしまったように感じます。
渡米直後は日本のことばかり考えて過ごしていましたが
今は日本に戻ることに恐怖を感じます。
すっかりよくいるアメリカかぶれになってしまいました。



この国は自由の国です。
宗教を持つことも、政治信条を明らかにすることも
ビーチサンダルとTシャツ短パンでNYシティの目抜き通りを闊歩することも
はたまたストレッチリムジンで劇場に乗り付けることも
何もかもが自由で、誰も気にしません。
地下鉄構内で歌ってもいいし、踊ってもいい。
物乞いになってもいい。ゲイを差別してもいい。
顧客との約束の時間に間に合わなくても、粗悪品を売りつけても
老若男女それで正しくないとか、年をわきまえろとか非難されることもなく、
みんな好き勝手に生きています。

私も自由に暮らしました。
友達と車でカナダまで大旅行に出たり
車で80マイル(約130km)制限の道を疾走したり、
泣いて笑って歌って踊って、思いっきり楽しんだり
リゾートで骨の髄までぐうたらなまけたり…。

守られた、安全な、治安のよい、制限40kmの
のっぺりとした日本の暮らしに再び
戻ると思うと退屈で死んでしまいそうです。

本当に生きること、命を輝かせることから
薄い膜で隔てられたあの国に戻るのが、嫌でたまりません。
いつも誰かのために我慢して、満員電車に詰め込まれて、
横目で人を気にしながら出る杭にならないように気を使い続ける。
着るものも、買い物も、住む場所も、いつも他人の目を気にしながら…。
一国の首相がカツカレーを食べたからと言って叩かれる国は、異常です。

子供の送迎やスーパーに買い物に行くために化粧をするなんて、無駄に感じてしまう。
日本にいたころには当たり前にできていたことが
いちいちストレスになるに違いありません。

人に嫌われることを極端に恐れて生きてきました。
それでもやはり言いたい。
今の日本は異常に見えます。
日々新たな対立軸を生み出し、争い煽りあうことをことを
自分たちのカルチャーとして誇るネット界隈。
相変わらず恣意的で日本人を絶望させようという意図が透けて見えるような報道。
絶望していない日本人は不謹慎かバカだとでも言わんばかりです。

税収を上げるという手段を目的化し、長期的視野を失ったトップと
印象操作にころりとひっかかり右だ左だと狂奔する国民。
いつか来た道、それもWWⅡを一切内省することのなかった日本には
無理からぬことですね。おそらくまた壊滅的な破壊が待っていることでしょう。
その瓦礫と灰と死体の中から何が立ち上がってくるのか、不死鳥日本の奇跡に
再び期待したいところです。

火の鳥望郷編で例えれば、今は外来種のもたらした毒で清貧さを失わされたエデン星人が
我欲のために殺し合いをしているところです。
死屍累々、私の妹も心を殺され精神病院に二度入院しました。

私には何もできません。娘を希望の種かせめて希望の糧として
破滅が待つ世界に送り出してやることしかできません。

前線のない戦争が始まったことが誰の目にも明らかになった年の瀬に。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。