アメリカにて。 - ドメスティック日本人一家の滞米日記

04« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

01

23:57
Fri
2011

No.062

混迷を深める日本を憂う

毎日、日本の事を思っています。
いずれ帰る国。母国。それがいまずたずたに引き裂かれているのを見るのは辛いものです。

今回の事故は、私の責任でもあると思います。
原発は安全ですというコマーシャルを鵜呑みにし、電気を大量に消費する生活に
疑問を持とうともしませんでした。
反原発と言えばサヨクのやることと一蹴し、胡散臭いものだと思っていました。

みごとに洗脳されていたわけで、今回の事故でやっと目が覚めた人はたくさん居るでしょう。
原発は危険、高コストで、一度事故が起これば故郷を追われ、子が親よりも先に死ぬという
生物共通の悲劇が起こるのだということをやっと知りました。

ごく普通に家庭を守りたい主婦、土地が命である農家こそが、声を上げる問題でした。
これらは一般的に保守的といわれている人々ですが、
彼らが原発推進である自民党を支持していたことは、
政府とマスコミがいかに原発から民衆の目を逸らすことに成功してきたかを物語っているでしょう。


今回の政府の対応は、目を疑うようなものばかりです。
子供の被曝量は少なければ少ないほどよい、というのは絶対に正しい真理だと思っていたのですが、
高木文部科学大臣は福島の小中学校の土を入れ替えなくてもよい旨の発言をしたそうです。
http://ceron.jp/url/www3.nhk.or.jp/news/html/20110428/t10015612671000.html
「基準値以下なら積極的に被曝させろ」と言わんばかりです。

その基準値は大幅に引き上げられ、たとえば水道水が10ベクレル/リットルだったものが
300ベクレル/リットルになっていますし、
基準が定まっていなかったものは、最大限被曝できる限界の量を、対象物だけで
被曝する値で割って決められているようです。

つまり1999ベクレルの野菜を食べ、299ベクレルの水を飲み、3.8μSv/hの校庭で
子供を遊ばせていれば、総合的に基準値を何倍も超える被曝をしてしまうということです。

積極的に汚染を広げようとしてしている点も疑問を感じます。
がれきや乳牛を全国に移動させ、汚染されていない場所を減らそうとしています。
これはどういった意図があるのか?
将来の放射線障害訴訟に備えて、比較対象とできる地域をなくそうとしている
のではないでしょうか。発がん率の増加を、放射線の影響によるものか、
世代的な変化によるものか分からなくさせる目的があるのではないかと
穿った見方をしてしまいます。


はっきり言って私が何を言っても、安全な場所から高見の見物をしているとしか取られないでしょう。
それでも、今までの無知、無関心が今回の事態を招いたのである以上、
何かを言わずにはおれない。そんな気持ちです。
06

17

00:54
Fri
2011

No.061

アメリカ自然史博物館に行ってきた

初マンハッタン。グランドセントラル駅からひたすら歩いて自然史博物館に行ってきました。
小雨がぱらつく生憎の天気で、肌寒いを通り越して寒いくらいでした。
私は傘と長袖カーデガンで震えていたのですが、NYerたちは
傘も差さず、Tシャツやノースリーブで平然としておりました。うーむむ、寒くないのか?
夫は英会話の先生に、「お前はもうNYerなんだ、NYerらしく振る舞え」と言われたそうです。
言われたとおり(!?)、夫は傘も差さずにやせ我慢しておりました。

さて、自然史博物館。
ベビーカーを押していったところ、いきなりエントランスの回転ドアに一苦労。
中で言われたのですが、地下にサブウェイの駅と直結の、
ベビーカーや車いす用の入り口があるようです。こちらは防犯の都合上か、回転ドアが多いです。
サブウェイの改札も小さな回転ドアで、ベビーカーで通れず立ち往生していたら、
通りすがりの人が脇に通常のドア(ただし開けるとブザーが鳴り響く)があることを教えてくれました。

入館料は大人ひとり16ドルで、現金(Cash)とカード払い(Charge)、
それぞれに券売機が設けられています。チャージのほうが断然空いていました。
中に入って、まずは4Fの恐竜の展示を見に行きました。
T-rexやマンモスなど大迫力の展示に加えて、NHKスペシャルで見たオビラプトルの化石を発見し、
娘は興奮しておりました。マンモスの臼歯に触れたのも嬉しかったようです。
上野の国立科学博物館にも行ったことがありますが、こちらのほうが
場所をゆったりとってあるのはいいですね。

セントラルパークの見える休憩所では、子供が寄り集まってあっというまに即席幼稚園が
できていました。子供は広場があるとぐるぐる駆け回るというのは万国共通のようです。
言葉が分からないなりに、ボールを投げたり拾ったりして現地の子供と遊ぶ娘。
こちらに来てから少し萎縮しているように見えたのですが、
子供同士だと楽しく遊べるようで一安心です。

それから3F、NY州の動物の展示を見に行きました。
北米の動物、鳥のコーナーはジオラマを作ってリアルに展示してあったのですが、
NY州のコーナーはいかにも「死んでます」って感じの、
毛皮を並べただけみたいな展示で、若干引きました。さすが狩猟民族。
きっとこちらの人たちは日本人が水族館の魚を「美味しそう」というのを奇異な目で
見ているのでしょうが。
文化がちが~う。

最後にアジア文化の展示コーナーを流し見。
日本の展示は朱塗りの鳥居の中。
正面の一番目立つところに仏壇がどーんと置いてありました。仏壇・・・。
私は東照宮および仏壇(野に散った東照宮の職人たちが仏壇をキンキラ華美に
したという説があります)は
日本的な侘び寂びからは ずれていると思うのですが・・・。
まあ米国人が見てわかりやすいのがいいのかな?


ネイティブアメリカンの展示なども興味があったのですが、タイムアップ。
広いので一日では見きれません。また来たいですね。年パスなどあるのかな?
ちなみに上野の科博の年パスは、入館料600円、年パス1000円と非常にお得ですのでおすすめです。

帰宅してから、HDDに録ってあった「ナイトミュージアム」
(自然史博物館を舞台にしたコメディ映画)を家族で鑑賞。
ご都合主義全開のお馬鹿映画です。こんなアホなストーリーに巨額の予算をつっこんで
見事なCGを作っちゃうあたり、アメリカはすごいなあと思いますです。
06

03

07:48
Fri
2011

No.058

素材はうまいが、加工品はまずい

娘の熱が下がり食欲も出てきて、ほっと一安心。
ところが、一難去ってまた一難。
今までなかったのに、娘の腕と顔に小さな黒子ができていました。
紫外線に当ててしまったのがまずかったのか…Sunscreenは塗っていたのですが。
サングラスも必要?でもそんなの付けたまま遊べないしなぁ。


まだ船便が届いていないので貧弱な環境なのですが、ぼちぼち料理をしています。
肉が安くておいしいのはいいのですが、鶏の胸肉を買ったら骨や脂肪が付いたままで涙目に。
ぐーろーいー…。生き物を食べるというのは本来こういうことなのでしょうが、
日本の"鶏肉様の何か"に慣れている身にはきついです。
こちらにベジタリアンが多いのも微妙に納得です。
じゃがいもも美味しかったです。キタアカリのようなねっとりした食感。
果物もおいしいし、コーンはなんと一本25セント!激安です。
なぁんだ、意外と大丈夫だな。
完全に油断してグロッサリーでソーセージを買ってみたら、

ま、まっずぅ・・・。

薬のような臭いのハーブと、スパイシー過ぎる味。食感はカスカス。
一口でギブアップでした。

肉は美味しいのにソーセージはまずい。
ポテトは美味しいのにポテチはまずい。
なんか不思議な国です。私が外れを引いただけかもしれませんが。

今日買ったベーコンは美味しかったです。脂がものすごくて、日本のより
生肉に近い感じでした。スモークが少なめなのかな?
アメリカのドラマ「デスパレートな妻たち」で、主人公の一人リネットが
度胸試しで生のベーコンをまるまる1パック食べる羽目になるエピソードがありました。
なぜそれが罰ゲーム的な扱いになるのか、いまいちピンとこなかったのですが、
こちらのベーコンを見て合点がいきました。確かにあれは生では食べたくないです。


こちらはジュースや牛乳のパックが1/2ガロン(1.89リットル)になっています。
全てがその調子の大ロットなので、ちょっと買い物するだけで
帰りは腕がちぎれそうなほど重くなってしまいます。
筋力がつくのが先か、手首の筋でも痛めるのが先か。
戦々恐々の日々です。
06

01

22:26
Wed
2011

No.057

とうとうNYにやってきました

娘と二人の長旅はなかなかに大変で、いざとなれば日本に一時帰国すればいいや、
と気楽に考えていた私の思惑を見事に打ち砕いてくれました。
もう当分飛行機には乗りたくないです・・・。
空港や航空機内のスタッフさんたちはとても親切にしてくださったのですが、
娘は3時間しか寝てくれず、歌を歌ったり喋ったりと終始ハイテンション。
静かにしろと言うと怒って騒ぎ出す・・・。さほど混んでなかったのが救いでしたが
周囲の皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいましたX(


今週の月曜日、5/30はメモリアルデー(戦没者慰霊の日)でお休み。
夫は私たちが到着するまで買い物を控えていたようで、あちこち車ででかけました。
5/28
・銀行(アクティベーションをしたかったのですが4時までしか開いておらず無駄足に)
・マリーナ(海沿いの公園。遊具や野球場、海水浴場もあり)
・最寄りの日系スーパー(これから頻繁にお世話になりそうです)
・最寄りの米系スーパー(娘が食べたがっていたアメリカンチェリーを買いに)

5/29
・トイザらス(スポンジボブのかき氷機を買わされました。使いにくい!)
・Bed Bath &Beyond(雑貨を見に。いろいろ充実してて楽しい)
・夫の会社(2駅ほどの距離。近代的な建物のリース物件)
・ニュージャージーのIKEA(驚いたことに休みでした。NJでは日曜は安息日で
             家具や家電を販売できないそうです。さすがカソリックの国!)
・ミツワマーケットプレイス(NJの巨大日系スーパー。三省堂や山頭火なんかもあり)

5/30
・ウッドベリーコモン(御殿場プレミアムアウトレットと同系列のアウトレット)
・IKEA(今度は開いてました。日本にもあってよかった。
    恐らく初めてではシステムがわからなかったでしょう)

で、結論から言うとやりすぎでした。
娘が熱を出してしまいました。
炎天下を歩き回らせたり、無理をさせすぎました。

とりあえず葛根湯を飲ませて寝かせています。
まだ私一人では運転もできないし英語も怪しいので、身動きができません。
こちらではお昼寝中にちょっと外出して買い物…というのもNGですし、困りました。

当分おとなしくしているつもりです。
05

12

13:54
Thu
2011

No.056

トラブル発生!

出発予定日まで10日を切った今日になって、
使う予定だった航空会社(台湾のChina Air Line)を
会社に却下されてしまいました。
なんでも会社の安全保障規定に達していない(事故にあった場合などの補償が無い)そうで…

それ以外に関空からの直行便はなく、成田出発になってしまいました。
荷物の送り先、出発までの滞在場所…何もかも変更です。
出発日も変わるかも。頭がパンクしそうです。

明日引越し業者さんが来るのに、荷造りを放棄してブログなど書いている始末。
現実逃避もいいところ。

» Read more!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。